キレイモの注意事項と日焼けについて。太陽光を避けるべし!

キレイモの脱毛に通うにあたって、注意事項に日焼けをしないということがあります。
それは大切なお肌を守るため、ムダ毛の脱毛を順調に行うために必要なことですので、頭に入れておきましょう。

 

紫外線を甘く見ると、皮膚トラブルが多発!

太陽の下で肌が黒く焼けてしまうと、紫外線の強い攻撃で皮膚は弱くなります。

 

 

そのお肌の状態で脱毛サロンのマシンの照射を受けると、皮膚へのトラブルが勃発してしまいます。

 

 

脱毛サロンの脱毛マシンは基本的に肌には優しいものの、ムダ毛の毛母細胞を弱くするほどのパワーがあるので、注意が必要です。

 

 

その照射の熱が加わるので、肌の内部には熱が発生し、弱くなっている皮膚細胞は、ますますダメージを受けてしまうことになります。

 

 

 

皮膚の弱い人などは特にデリケートなので、日に焼けてしまった状態で光の照射をしてしまうと、皮膚に火傷を負う危険性さえあるので、油断できません。

 

UVケアを念入りに!

こうしたこともありますので、エステサロンでの脱毛をしようとひらめいたら、契約をして脱毛を始める前からUVケアを取り入れて、念入りにお手入れをしていくことが必要になります。

 

 

太陽の下で過ごしても、ごく軽度の影響で肌の火照りもないようなら、だいたい2週間くらい間隔をあければ施術できるでしょう。
念のためスタッフにも、相談をしてみるのも良いですね。

 

 

希望を出せばカウンセリングの時に、光脱毛のテスト照射ができますので、肌状態に不安がある場合は、テスト照射を受けてみると良いでしょう。

 

テスト照射はほんの数ショットですが、実際にサロンで使っているマシンでの照射ができますし、肌に異常が出ないかどうかもわかります。
だから、不安を抱えることなく、脱毛に臨めるというわけです。

 

キレイモ脱毛マシンの効果と機能は?

肌を焼かないように気をつけるのは、脱毛マシンから照射される光が、茶色や黒い色に対して反応を示すという特異性があるためです。

 

 

皮膚を紫外線から守るのが、メラニンの黒い色の色素です。
そしてムダ毛の持っている黒い色の正体も、まさにこのメラニン色素です。

 

 

 

脱毛マシンの光の照射で反応をするのは、本来でしたらムダ毛の黒い色に対してだけです。

 

 

でも肌が黒く焼けている状態だと、その黒い皮膚の色素に対しても、過敏な反応を示すということになります。
この過敏な色素への反応こそが、皮膚への火傷などのトラブルを招きます。

 

 

 

黒い色に反応をするのが特徴である脱毛マシンなので、黒くてサイズが大きいホクロなどがあった場合には、その箇所には照射はしないで、避けての施術になります。

 

 

そんなホクロからムダ毛が伸びてくることもありますが、色素が濃い目立つほくろには、光での照射は安全性も考えまして行ってはいないのです。

 

 

脱毛サロンでの光脱毛を受けたあとのお肌といいますのは、肉眼で見た時にはわかりませんが、とても弱くなっています。

 

 

 

脱毛マシンでの光の照射は、皮膚への内側のダメージになっていますので、脱毛サロンからの帰りや、しばらくの間は、とても太陽からの紫外線の悪影響を受けやすくなります。

 

 

 

皮膚を守るバリアが衰えているので、紫外線の強烈なダメージを受けやすくなって、もしもUVケアなしで太陽光を浴びてしまうと、肌に問題が起きやすくなります。

 

 

 

ただでさえ皮膚への問題を起こすのが紫外線ですから、シミができやすいし、火傷などのリスクとも隣り合わせです。

 

施術当日は、紫外線対策バッチリと!

脱毛サロンで脱毛をした当日はとても日焼けをしやすいので、施術後の1週間は、直接日差しには当たらないようにしましょう。
必ずUVカットのクリームを塗るようにしましょう。

 

 

 

脱毛サロンへ予約を入れて出かける当日は、帰りのことも考えて、衣類にも気をつけてみるといいでしょう。
直接太陽光が肌に当たらないように、長袖を着用したり、帽子をかぶったり、長ズボンを着用するなどした方が、紫外線から肌を守ることができます。

 

 

脱毛の日には、ミニスカートやショートパンツなどは、やめておいたほうがいいでしょう。

 

 

キレイモの注意事項を守るためにも、脱毛サロンへ通う間は、肌を白くキープすることが必要になってきます。

 

 

そのためには、お気に入りの日焼け止めクリームを見つけておきましょう。
自宅に置いておくだけではなく、外出先でも塗り直しができるように、バッグに入れて出かけましょう。